菌床作り

きくらげ 菌床作り

国内産菌床おがくず

12月から始まっている今季用のきくらげ菌床作り。

現在は、培養室でゆっくり菌をまわしている状態です。

 
原木栽培から菌床栽培にすることで、女性でも高齢者の方でもきくらげの栽培の肉体的負担がなくなったわけですが、

この培土作りは、きくらげの安全性の面ではとても重要な部分です。

良質な菌床作りのためには、雑菌の流入はご法度!

慎重かつ丁寧に滅菌を施していきます。

弊社ブランド『 笑顔のきくらげ』の菌床は、おがくずも国内産というこだわりがあります。

いくら日本で栽培したからといっても培土が海外産では、本当の意味での国内産にはなりません。

『純国内産』というこだわりが信頼を生むものと考えています。