きくらげ乾燥棟も建て替え

きくらげ乾燥棟も建て替え

きくらげ乾燥棟も建て替え

 

今期からはきくらげ栽培棟を通年仕様に切り替えるため、新たにきくらげ栽培棟の建て直しを行いますが、2つあったきくらげ乾燥棟もひとつにして、業務の効率化を図ります。

きくらげの出荷量も増える今期は、ひとつひとつの工程をスムーズに行う必要があります。

作業が効率化できれば作業負担も減り、コスト面でも有効に働きますので、

栽培工程でのメリットは大きくなり、それによって栽培により集中できるということになりますね。

現状では栽培、収穫をフルオートメーション化にすることは出来ませんが、その他の部分ではこのような積極的な改善をしていく予定です。

大規模農業に比べて、きくらげの菌床栽培の作業負担は大きくありませんが、細やかな手作業や収穫時期の目利きといった技術は必要になります。

安全かつより上質なきくらげの栽培には、これらの技術の進化ためにも環境や設備を整えることは大事ですね。