きくらげ研修を実施中

きくらげ研修を実施中2

 

次から次へと台風が向かってきて余談を許さない時期ですが、きくらげは順調に育っています。

きくらげ栽培棟や菌床工場ではスタッフが忙しく働いていますが、毎月数組の方がその工程の視察に訪れたり、
研修に来られたりします。

研修では、

・菌床搬入
・キャップ切り
・収穫作業
・検品
・洗い
・乾燥作業
・菌床の掃除の仕方
・乾燥取り入れ
・乾燥商品
・ホール、スライスの検品

といった作業を行なっていただきます。

研修は、実際に作業を体験することでイメージしていたこととは違う部分を知っていただき、また、より深い知識を得て今後の生産作業に生かしていただくために大変重要なプロセスになりますね。

また、実際に作業を行えば見ている時とは違った難しさが分かったり、ここはこうすれば良いとか、こうするにはどうしたら良いかといった疑問が出てくるはずです。

研修ではこうした思考を巡らせてどんどん質問や提案していただくと嬉しいですし、弊社のノウハウをしっかりと吸収して帰って欲しいですね。

ただ、弊社の栽培棟と帰られて実際に栽培を行う場所は環境が違いますから、さらに試行錯誤して最適な栽培スタイルを築いていただくことになります。

どんな作物を作る時もそうですが、一番大事なのはやはり熱意ですね。

独自でノウハウを作り上げるくらいの気持ちで取り組んでいただければきっと良いものが作れると思います。

私たちもまだまだ貪欲に研究していくつもりですし、生産者の方々それぞれがスキルアップしてグループ全体で様々な技術を共有していけたらいいですね。