きくらげ通年栽培へ向けて

昨シーズンまでは8月以降のきくらげの菌床を製造することはあまりありませんでしたが、今シーズンは今月まで製造ラインを動かしていました。

 

きくらげの菌床製造が増えるということは、生産者の方々が増えている証拠ですし、生産量も増えているということで、それだけ純国内産きくらげが市場に広がっているということですから大変喜ばしいことですね。

 

ただ、その分仕事量も増えていくことになりますから、そこはスタッフ全員のチームワークで頑張って乗り切りたいと思います。

 

 

きくらげの繁忙期が終わると同時に通常栽培は終了しますが、通年栽培(年間栽培)のハウスではこれからも栽培を行うことになります。

 

これからは気温の変化が大きくなり、だんだんと下がってきますので、ハウス内の温度調節が大事になってきますね。

 

弊社栽培棟では廃油ストーブを使用して温度調節を行いますので、通年栽培へ向けて準備は、まずは廃油ストーブのチェックからということになります。

 

弊社の通年栽培棟は主に研修で来られた方のためのものですが、本格的な通年栽培に向けての栽培技術を検証する場でもあります。

 

より効率の良い栽培技術を確立すれば、年間の生産量も大幅に増えることになりますから、一つ一つのデータや情報をまとめていきたいと思います。