年末のご挨拶

今年も残すところあと僅かとなり、弊社も明日の業務をもって本年の営業を終了致します。

今年も大変多くの方にお世話になりました。

有難うございました。

今年は周年栽培へ移行するという大きな目標を掲げ、そのための土台作りに多くの時間をかけた1年でした。

ただ単にきくらげの生産量アップという理由だけではなく、今後の生産事業の大枠を作るためにもとても重要な試みだったと思います。

来年早々から冬季の栽培を開始し、多くのデータをとって新しいマニュアルとしてまとめたいと思います。

今年はきくらげ生産事業を行われた方の大半が企業参入でした。

「農業は大変だ」「農業ビジネスは儲からない」といわれる中で、弊社のビジネススキームをご理解、賛同して参加いただいた方々には大変感謝致します。

と同時に、全力でサポートして共に国内産きくらげの認知・シェア拡大に頑張っていきたいと思います。

多事多端な師走、寒暖の差の激しい厳しい気候が続きますが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

本年は誠にありがとうございました。

来年も「笑顔のきくらげ」をどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年を!