研修用栽培棟に本格リニューアル

弊社栽培棟でのきくらげの生産が終了したと同時に、生産者のための研修用栽培棟へと本格リニューアルに取り組んでいます。


今年から、生産者の研修のために、いつ研修に来られても菌床搬入時から収穫時の様子を見て頂けるよう菌床の搬入時期をずらして設置する方法を行ってきましたが、


その方法が好評のため、来年以降も弊社の栽培棟は収穫量重視ではなく研修用のための栽培棟として進めていきます。


そのため、栽培棟内の仕様も、


・棚と棚の間隔


・棚と棚の幅


・棚の高さ


なども違った様式で設計して、


それぞれの生産者の方々の作業効率アップに最適なものをチョイスできるよう変えて行きます。



弊社の純国内産きくらげ生産グループも年々規模が拡大してます。


それに伴って、さまざまな疑問・問題点なども出てきていますので、弊社もできる限りのサポートができるよう体系を進化させていきたいと思います。