繁忙期に入ったきくらげ栽培

現在きくらげ事業は、超フル稼働で菌床製造を行いながら、栽培棟ではきくらげの収穫・出荷作業の繰り返しという繁忙期に入っています。

 

特に最近は日中温度の高い日が続いているので、栽培棟での作業は午前中の作業だけでもかなり大変になってますね。

 

でも、今期も良質のきくらげがたくさん収穫できてるので、作業は多少厳しくても頑張り甲斐があります。

 

やはり、大きく開いているきくらげを見るとうれしいものですね。

 

しばらくは忙しい日々が続きますが、ミスのないようそしてケガのないようにスタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

 

それから一部の印刷物をお願いしている業者さんがドローン事業を立ち上げるということで、栽培棟を撮影するために下見に来られましたが、試験的に撮影して車の中で簡単編集してデータをいただきました。

 

この日は編集と汎用ディスプレイの兼ね合いでフルHDでの撮影でしたが、4K映像もOKだそうです。

 

なかなか見る機会のない角度からの映像は面白いですね。

 

再生すると音が出ますので注意して下さい。